表紙に戻る

03/06/25 詩人の視点から見たBC攻略Inマンドラ戦 FF11-BC攻略

 「バーニングサークルは詩人の腕前が全て」と言われるほど、印章戦では詩人の存在が重要なのですが、私は詩人ではないので(ソロのみで14まで上げましたが・・・)どのように振舞うべきなのかはイマイチわかりません。というわけで、詩人によるBCNM戦にリンク。一番下のコラムです。


03/06/04 BCNM攻略 FF11-BC攻略

 かなり今更感も漂うのですが、周りにも意外と戦ったことがない人が多いので、ギデアスBCNM50(マンドラゴラ戦)とパルブロBCNM99(クゥダフ戦)に行ってきた感想などを書いてみようかなと。



 99BCNM

 構成はヒュム戦/侍(私)、エルナ/白、ヒュムモ/戦、タル詩/白、ヒュム黒/白、タル白/黒でした。戦士(私)とナイトが未経験者。私の始めての印章戦です。
 私は一足先にワルーンの祠(パルブロ鉱山の奥でBCに突入するエリア)に行き、黙想でTPを300%まで貯めて突入しました。ワルーンの祠とBCは同エリアとみなされるので突入してもTPが減ることはありませんが、敵が存在しないのでTPを貯めるためには黙想を使用するしかありません。300%貯めるには15分かかるので注意が必要です。

 マクロですが、BCで挑発持ちは「自分が殴っている敵以外の敵に挑発しなければいけない」という決まりがあるので、通常のレベル上げでも使用しているリンク時用挑発マクロをメインに使うことになります。

 /ja 挑発 <stnpc>
 /p Link(Add)している<lastst>に挑発<<tp>>


 <st>マクロは、サブカーソルを出すコマンドでこれがあればターゲットしている敵にも挑発が出来る優れものです(前衛の常識マクロですが、意外と知らない人も多いようですね)。<stnpc>はNPC(モンスターもNPC)にのみサブカーソルが移動します。

 ハイポーション用のマクロは、

 /item ハイポーション <me>

 になります。私は今回は必要ないので作っていませんが、ヤグードドリンクを使用する場合は「ハイポーション」の部分を「ヤグードドリンク」に書き換えればOKです。

 さて、マクロを組んだので戦闘準備。突入前に白がリレイズ2、プロテア3、シェル3。サポ白のある人はブリンクとストンスキン。
 連携は空鳴>ランページで湾曲(氷水)を予定したのですが、よく考えたら亀の弱点は雷で水耐性があったんですね。が、既に黙想でTP300%貯めていたので、そのまま突入することに。ナイトは単発ウィズインです。

 亀の名前とジョブは次のように対応しています。
 Zo'Dha Legslicer(白)
 Ka'Nha Jabbertongue(黒)
 Ku'Tya Hotblood(ナ)
 Ea'Tho Cruelheart(暗)
 Yo'Bhu Hideousmask(戦)
 Bi'Fho Jestergrin(シ)
 今回はKa>Zo>Ku>Yo>Ea>Bi(家族よエビ)の順番で倒すことに。忘れないように紙に順番を書いておきました。

 最初に詩人が前衛にソウル>マドメヌ、後衛にソウル>バラバラをかけて突入。ナイトがKa(黒)にバニシュガをかけて即インビンの黄金コンボ。モンクが百裂拳を発動させ黒亀をぼこります。TPが100%貯まったところでマイティストライクを発動させ、空鳴>マイティランページ。もう一度この連携を発動させて黒を沈めます。ここで武器を両手斧に変更して、連携をレイジングラッシュ>空鳴拳(衝撃・雷)に変更。最初からこうするべきでしたね。反省。

 次の標的はZo(白)。これも順当に減らしていきましたが、ある程度減らしたところで女神の祝福発動。これがきついのは、HP回復よりも、全ての亀が目覚めてしまうことかと。特に、今回は運悪くララバイを使用した直後に使われたので、リキャスト25秒の関係でまとめて眠らせることができずに大ピンチに。詩人のHPが一気に赤くなりましたが、私がすかさずウォークライ発動。基本的に赤ネーム以外のヘイト量はあまり大きくないので、全ての亀が私に向きましたが、今度は私が5匹にぼこられ一気に大ピンチに。ディフェンダーとハイポーションで何とか凌ぎました。持っていたハイポーション5本は全てここで使いきりました。HPが赤くなったので持っていなかったり使いしぶってたら死んでました。何とかララバイで持ちこたえて白亀を撃破。次はKu(ナ)です。

 が、ここで大誤算。ナイトだけあってこの亀は異常に硬く、その上ケアル4で回復されジリ貧状態。後衛のMPが全員100を切ってさすがに負けたかなと思ったのですが、ここで黒が魔力の泉を使用。黒がメイン回復にまわり、ヤグドリでMPを回復。が、ここでトラブルが。MPの回復量が足りずに白が女神の祝福を使用したのですが、ここでタゲが固定されてしまい白がぼこられて死亡!しかし、女神でHPが全快したので、持ちこたえて何とかナイトを撃破。次はYo(戦)に。ここで白がリレイズ2で復活しました。

 残り三匹になったのでかなりマシになってきましたが、MPが結構ギリギリでマイティストライクを使われた際にかなりピンチになりましたが、こいつも撃破。次に暗黒、シーフと順当に撃破し勝利を収めました。
 ちなみに、後で気づいたのですが私と詩人は食事をし忘れるという失態を犯していました。道理でナイト亀が固かったわけですね・・・。かなり反省。



 99BCNM2回目

 構成はヒュム戦/侍(私)、ミスラナ/白、ヒュム暗/戦、タル詩/白、タル白/黒、ヒュム赤/黒。戦士(私)、詩人、白は前回と同じ人です。ナイトはヤグ戦のみ経験あり。

 前回と違い全員が経験者なので、かなり楽勝ムードが。きちんと両手斧を装備してTPを300%貯めて挑戦。連携はギロティン>レイグラで、黙想が充填されていた場合にのみレイグラ>ギロ>レイグラの3連で行くことにしました。ナイトは単発ウィズイン。

 前回、ナイト亀が異常に硬く苦戦したので今回は後回しにすることに。
 倒す順番はKa>Zo>Ea>Yo>Ku>Bi(数えよ首)に決定。

 最初は前回と同じく歌をかけてバニシュガ>インビン。黒を殴り始めたのですが、武器を両手斧にしておいたせいか黒亀がかなり柔らかく感じ、ガンガンゲージが削れていきました。そこで、ギロティンが貯まるまで待つ予定だったマイティストライクを発動。バーサク+グレッサーで単発300%レイジングラッシュを撃ったところ、なんと一気に亀のHPを4割削りました。元々結構削っていたのですぐさま黒亀を撃破。

 次は白亀だったのですが、まだマイティの効果が残っていたので黙想を使いTPを100%に(ストアTPがあるので、レイグラ3Hitで既に42%貯まっています)し、単発マイティレイグラでゴソっと削りました。マイティの効果が切れると同時にバーサクとアグレッサーを解除し、代わりにディフェンダーを発動。白亀が女神の祝福を使用すると同時にウォークライで詩人のタゲを全て奪い、すぐさまララバイで安定。白を撃破して暗黒、戦士、ナイト、シーフと順当に撃破して終了。かなり余裕でした。
 ハイポーションを6個持っていったのですが、使用数は1.他のメンバーもちょこちょことハイポやヤグドリを使用していましたが、ほとんど使っていなかったと思います。

 この戦いで戦士としての収穫は、マイティレンジングラッシュかなと。あらかじめ300%貯めておけるので、すぐにマイティレイグラ>黙想>レイグラ(マイティがまだ残ってるはずです)とやれば、10秒程度で黒亀を撃破できそうですね。ダブルアタックが発動すればもっと早いかも。また、ウォークライはタゲ取りアビリティとして非常に優秀でした。5分アビなので2、3回は使うことが出来ます。99BCで戦士は役立たずと思っていたのですが、かなり使えます戦/侍。



 50BCNM

 構成はヒュム戦/白、エルナ/白、ガルモ/戦、タル詩/白、タル白/黒、タル白/黒。戦士(私)と詩人と白の一人は99BCと同じ人です。戦士と白の一人は未経験者で、ナイトは敗北経験のみあり。
 薬品は、毒薬を一人4個、ヤグドリ4個、ハイポ4個ずつを全員に配りました。私はサポ侍にして、あらかじめTP300%で突入しようかなと思ったのですが、中に入ると黙想が使えなくなるので順当にサポ白で。今から考えるとサポ侍で300%マイティシュトルムでもよかった気がしますが。
 装備は前衛は頭と胴体にサンド防具、他の部位に種族装備。後衛の3タルは全身種族装備です。もちろん、きちんとした装備のがいいのはいうまでもないですが、やっぱり一回のBC用に装備を整えるのはキツイので。

 マクロは99BCのものに加えて、睡眠対策に毒薬使用マクロを組みました。飲み忘れる人を防ぐためにcallもいれています。

 /item 毒薬 <me>
 /p 毒薬を飲みます<call1>


 sapo最初に詩人が前衛にソウル>マドメヌ、後衛にソウル>バラバラをかけて突入。ナイトが黒マンドラにバニシュガ>インビンの黄金コンボで固定し、すぐさま白が印サイレスで魔法を封じこめました。ナイトとモンクのTPがたまったのでマイティシュトルム>レタス>コンボで核熱連携。ここでマンドラの夢想花が来たのですが、きちんと毒薬を飲んでるので平気・・・と思ったのですが、何故か私の睡眠が解除されない・・・。しばらくしてきづいたのですが、戦闘前にかけていたストンスキンのせいだと思い至りました。ストンスキン中は毒のダメージが無効化されるので睡眠解除も起こらなくなってしまうのですね。ブリンクのみにしておくべきでした。とりあえず、手動でストンスキンを解除し、目覚めて攻撃を開始しました。

 マイティや百裂拳があるとはいえ、連携一回で沈むはずもなく、しばらく殴り続けます。するとログにフラッドの表示が!すかさずナイトが一呼吸を置いてシールドバッシュをしたのですが、止まらずにガルモンクにフラッド直撃。HPが一気に赤になりました。私が食らってもエルナイトが食らっても死んでるダメージだったのでかなり焦りました。

 ちなみにシールドバッシュですが、どうも黒マンドラの魔法はバッシュで止めることが出来ないようです。これは、一部の上級NMに見られる特徴なのですが、黒マンドラもそうなようですね。バッシュで止まったという人は、運良く殴りダメージでキャンセルされたのだと思います。なので、フラッドが来た際はすぐさま遠くに逃亡するのが最適かなと。攻撃態勢がキャンセルされる距離まで離れると届かないはずです。それか、確実ではありませんが印サイレスで封じるかですね。

 とりあえず、黒マンドラの魔法はこれ一つで終わりでもう一度連携したら沈みました。
 あとは、詩人は、常に前衛と同じ位置でマンドラがばらけないようにララバイ。私とモンクは適度に挑発をいれて詩人にタゲが集中しないように気をつけてプチプチと白マンドラを潰して終了。かなり楽勝でした。戦士のシュトルムはかなり偉大で、白マンドラ相手にダブルアタック無しでも300DMG以上は必ず出ていました。

 薬品はほとんど使用していません。ヤグドリを常時飲用したぐらいで、ハイポ使用量は0でした。
 ただ、毒薬ですが効果時間は約3分ほどだったらしく、みんなに配った4本では足りませんでした。5本か6本は必要だったかなと。今回は4本目が切れた時点でマンドラが残り3匹だったので後衛に離れてもらってケアルで起こしてもらいましたが。

 やってみた感想としては、いかに安定して黒マンドラを葬るかが全てだと思います。というわけで、サポ侍でTP300%マイティシュトルムを最初に入れて一気に削るといい感じかもしれません。次に行く事があれば試してみようかなと思っています。