虚構はしょせん虚構に過ぎない。だが虚構を求める人々の心は「真実」だ
URL:http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/
管理人:浅野教授 neko_colum@hotmail.com


 
「狼に育てられた少女がいる」という神話 (2004.08.12 Thursday) [セコい神話]
 1912年、キリスト教伝道師としてインドに着任したシング牧師は、妻と二人で私費で孤児院を開設し、ジャングルの村々に点在する孤児たちを引き取り養育を行った。
 1920年9月、シング牧師はミドナプールから数十キロ南西にあるゴダムリという村に到着した。
 そこでシング牧師は村人たちが"お化け"の噂話をしているのを耳にした。"お化け"は足が人間のようで、頭が幽霊のように恐ろしげだったと言う。

 10月8日、シング牧師はお化けが出るという洞窟に望遠鏡を持ち監視を始めた。
 翌日の午後5時ごろ、シング牧師が息を凝らして見守っていると、穴から子連れの狼がぞろぞろと現れた。そして、狼の後ろからまさに"お化け"としか言いようの無いものが2体現れた。
 それは、手・足・体は人間のようであったが、頭は黒いボールのようなもので肩と胸がすっぽりと覆われていた。目はギラギラと輝き4本足で走り、飛び跳ねた。しかし、よく見ると顔の輪郭は人間のそれと近く、じっくりと2体の"お化け"を観察したシング牧師は、間違いなく人間であると判断した。その子供たちは、一週間後、親狼を殺すだけで保護された。

 翌年2月、シング牧師は二人の狼に育てられた子供たち――少女だった――を連れてミドナポールの孤児院に帰還した。彼は二人のことは妻以外には決して話さなかった。
 頭にもつれている黒い髪の毛を切り、シャワーで体の汚れを落すと彼女たちは見違えるように綺麗になった。年齢はシング牧師の見立てによると、姉の方が8歳ごろ。妹の方が1歳ごろだったという。姉は「カマラ」、妹は「アマラ」と名づけられた。

 狼に育てられた少女たちの行動は、まさしく狼そのものだった。生肉や牛乳を好み、ニワトリの内臓を手を使わずに地面に置かれた皿から直接口をつけて食べた。夜行性で日の光に怯え、昼は二人で重なるように暗い場所で眠り、夜になると4本足で活発に走り回り、遠吠えをした。寒さや暑さに鈍感で、夏でも冬でも裸で動き回ることが出来た。

 体も野生生活に適応するために変化しており、聴覚と嗅覚が非常に敏感で、顎の骨が発達し、牙がとがり、目はギラギラと輝き暗闇の中でも苦も無く行動できた。手足は長く伸び、足の指の間が開き4足歩行に有利なようになっていた。

 孤児院に来てしばらくが経過したが、子供たちはおろか、親身に世話をするシング牧師にも懐こうとせず、日常生活や集団活動、その他の「人間的な行為」には一切の興味を見せることはなかった。喜びも悲しみも好奇心も認められなかったし、自尊心は到底存在するようには見えなかった。怒りの感情だけが、歯をむき出しにして爪でひっかきうなり声をあげることで確認がなされた。

 一年たってアマラは腎臓炎で死亡。その8年後にカマラもまた、アマラの後を追い死亡。
 9年間の「人間的生活への復帰」の成果は、直立歩行が限界で最後まで2本足で走ることはできず、わずか40ばかりの単語を発声させることしかできなかった。
 「人間は生まれながらに知性を持つか」というのは、昔から科学者の間でも長年議論されている重要な問題です。
 20世紀の始めごろにデンマークで世界中を騒がせた「利口な馬・ハンス事件」は、たとえ訓練を施したとしても、人間と同等の知性を動物が持つ可能性は極めて低いということを証明しました。
 それでは逆に人間を人間らしい環境におかなければ人間はどのように成長するのだろうかという問題の解答として挙げられたのが、最初に載せた「狼少女・カマラとアマラ」です。

 通常、狼に育てられた子どもの話はただの創作や勘違いだったとされていましたが、この二人の少女の話は写真も残っていますし、証言者がキリスト教の牧師だということもあって真実とされ、長年語り継がれてきました。日本では昭和30年に、『狼に育てられた子』という題名で新教育教会出版から翻訳出版されました。教科書にすら掲載されています。
 教授が調べたところ、道徳や心理学の教科書に使われている他、言語学の教科書にも掲載されています。大学の授業にもされているようです。

 教科書に載った理由は簡単で、子どもたちに教育の大切さを教えるためです。きちんと勉強しないと「教育がないと人間は人間になれない。狼少女のようになっちゃうよ」ということですね。
 しかし、近年になってこの「狼少女」も作り話であることが判明しました

 精神分析医のベッテルハイムは、この「狼少女」の行動が、自閉症児に同じように見られ、それ以外の行動もオオカミに育てられたと考えずとも説明がつくことを指摘しました。
 人類学者バーンは、実際にインドに行きゴダムリの村の存在を確かめようとしたけれど、この村は現在どころか過去にも存在しなかったということが判明しました。

 この少女たちの話の真実性は、生物学的にも疑問があります。シング牧師の記している狼少女の特徴は、漫画的というか「もしも狼に育てられたらこんな感じになるだろう」というイメージを当てはめているので、非常におかしいことが分かります。
 1:狼少女が木登りをしたり真夜中に遠吠えをするという話が出てくるが、狼は木に登らないし、真夜中に遠吠えしません。
 2:狼の子どもは自分から乳房に近づきますが、人間は母親から乳房を寄せる必要があります。
 3:狼は時速45km前後で走るが、人間は大人の限界で35kmしか走れない。子どもが狼についていけるはずがありません(しかも四足歩行で)。
 4:シング牧師が記している「夜中に目がギラギラ光る」「犬歯が異常に伸びている」「汗をかかない」「夜の方がよく目が見える」という性質を人間が持つことは生物学的にありえません。
 5:狼のミルクと人間の母乳は成分が違いすぎるため、人間の赤子は飲めません。
 社会学者のウイリアム・F・オグバーンは、インドで狼に育てられたという「野生児」の調査を行ったところ、どれもただの捏造や勘違いだということが明らかになっています。
 例えば、4年半もの間オオカミと生活していた少年が両親のもとに戻ってきたという記事がインドの新聞に掲載されましたが、これをオグバーンが調査したところ、その少年がオオカミと一緒にいたところは誰も見ておらず、ただの行方不明だったということが判明しました。
 アマラとカマラの事件も同様に調べたところ、当時孤児院にいた人々は、風変わりな子どもがいたことは覚えていたけれど、特別に「オオカミ的」な行動を示したかを覚えている人は誰もいませんでした。

 野生児の行動は、一見狼に育てられたかのように見えるので、それを「本当に」狼に育てられたと勘違いしてくる人が出てくるのは当然かもしれません。しかし、合理的に考えれば、これは捨てられた精神薄弱の子どもだったと考えた方が妥当です。
 こういった子どもたちは、「役に立たない」ので貧しい地方で捨てられることは悲しい現実としてありました。カマラとアマラもその中の一つだったのでしょう。
 この記事へのリンク

トラックバック

「いんちき」心理学研究所 | 「狼に育てられた少女がいる」という神話

この世の中にあふれる言説について「うさんくさいもの」を「いんちき心理学」?という観点であぶり出していこうというサイト。

From 面白サイトリンク集 @ 2005/08/03 11:06 AM

まじかよー。

今日は、教養で受けてる心理学の試験でした。試験問題は事前に教えられていて、その中にってのがあったんです。オオカミ少女っていうのは、あの有名なインドのオオカミに育てられた少女、アマラと

From かおのメモ帳 @ 2005/07/29 12:07 AM